本文へスキップ

今さらですが、スマホ対応にしました

コンセントが気になって何度も確認する強迫性障害(確認恐怖)のなおしかた(克服・改善方法)



トップページ > 恐怖症の克服 > コンセントが気になって何度も確認する強迫性障害(確認恐怖)のなおしかた(克服・改善方法)

スポンサード リンク



どうも


キャンです。

今回は、コンセントが気になって、何度も確認してしまう強迫性障害(確認恐怖?)の治し方についてです。

※ちなみに、僕はこの強迫性障害になったことはありません。なおしかたについても、ほとんど僕の妄想で書いています。ですので、医学的な根拠などはありませんし、なおるかどうかも正直自信がありません。完全に自己流です。その点、ご了承の上、お読みください。



強迫性障害と視線恐怖症は別物


僕は、過去に、他者視線恐怖症や対人恐怖症(人が怖くなる)、雑念恐怖症にかかっていました。現在はいずれも克服しています。克服した際のノウハウを、このサイトに書いて、みなさんに伝えています。

僕は、強迫性障害には一度もなったことはありません。ですが、強迫性障害と視線恐怖症などの神経症は、症状が似ている気がしたので、視線恐怖症を克服した際のノウハウが、強迫性障害にも適用できるのでは?と考え、過去に「〜の強迫性障害のなおしかた」という記事を数本書いてきました。

月日は流れ、色々と調べるうちに、考えが変わってきました。

視線恐怖症などの神経症と、強迫性障害は別物である。同じような方法では治らない。

過去に書いてきた強迫性障害の記事は、やはり、どこか無理がありました。視線恐怖症などの神経症をなおした際のノウハウを、強迫性障害にあてはめて考えること自体、間違っていたのかもしれません。(過去に書いた記事は随時、修正していきます)


強迫性障害には、強迫性障害向けの治し方が、別にあります。


強迫性障害を克服するための大切なポイント


強迫性障害を克服した人たちが、共通して言っていることがあります。

それは、


強迫行為を行わない


ということです。


以前読んだ本で、その筆者が力強く力説していました。「強迫行為をやめる」ことが、強迫性障害をなおすための大切なポイントだと。


「そんな方法で、本当に治るんかい?」と半信半疑だったんですが、ネット上で、強迫性障害がなおったという人
、何人かに治し方について聞いてみたところ、ほぼ全員が、この「強迫行為を行わない」ということが、克服のためのポイントと口を揃えて言っていました。


用語の解説をします。


強迫観念というのは、自分の意思に反して、しつこく何度も、繰り返し思い浮かぶ考え、イメージ、衝動です。精神的苦痛や、不安、恐怖等の不快な感情を伴います。何度も繰り返し思い浮かんだり、頭にこびりついて離れなくなったりします。
(医学的な定義はよくわかりませんが、僕の中のイメージだと)「〜をしないと、良くないコトが起きるから、〜しなければならない!」とか「〜すると、良くないコトが起きるから、絶対に〜してはいけない!」という考えのことです。

強迫行為は、強迫観念から予想される恐ろしい出来事を防いだり、精神的な苦痛や不安を減らすために、自分にしいる行為です。強迫観念の衝動によって、かりたてられて行うことが多いです。現実的に必要な方法と比べ、繰り返しや、やりすぎが多く、常識や科学的な事実にそぐわない、不合理な方法をとります。
「〜をしないと、良くないコトが起きるから、〜しなければならない!」という強迫観念にとらわれていた場合は、「〜しなければならない!」という衝動から、ついついやってしまう行動が、強迫行為です。


強迫性障害になると、強迫行為を繰り返すことにより、強迫観念が強化され、抜け出せない魔のループに陥ってしまいます。


みなさん、パブロフの犬の実験を、ご存知でしょうか?



犬にエサを与える際に、必ずベルを鳴らすようにしたところ、エサが無くてもベルを鳴らすと犬がよだれをたらすようになるという実験です。

ベルの音を聞いただけで、よだれがでてくるようになる。この反応を条件反射と言います。脳の中に、無意識に反応するネットワークができてしまったので、そういう反応が起きます。



この犬に、ベルの音を聞かせずに、餌を与え続けると、どうなると思いますか?


ベルの音を聞いても、よだれがでなくなってしまいます。


強迫性障害も、このパブロフの犬みたいなものだと思います(医学的には全然、同じじゃないですよ。あくまで例え)。


強迫性障害というのは、強迫行為をすることによって、強迫観念が強化され、再び、強迫行為を繰り返してしまう。脳の中に、そういう反射的なネットワークができあがっているんです。


この反射的なネットワークを断ち切るには、
強迫行為を中断することが必要になってくるということなんですね。

スポンサード リンク



「強迫行為を行わない」の意味


「強迫行為を行わない」には、2つの意味があります。

1つ目は、強迫観念によって、「やれー、やれー」ってうながされる行動をしないということ。例えば、「この順番で靴下をはかないと、不吉なコトが起きるから、絶対、この順番ではかなきゃダメ!」という縁起恐怖の場合、いつもの順番で靴下を履かないということが、強迫行為をやらないということになります。

2つ目が、意外と盲点かもしれませんが、「強迫観念を気にする」というのも、強迫行為を行わないにあたります。意味が分からないと思いますので、説明します。

頭の中に強迫観念が浮かんできたとします。ここで「気にしない、気にしない」と自分を誤魔化すと、強迫観念は巨大化して、こちらに迫ってきます。
「気にしない」という行為が、もうそれ自体、強迫行為にあたります。この「気にしない」という強迫行為によって、強迫観念を強化してしまいます。

自分の心の中に自然と浮かんできた感情を否定するから、おかしなことになるんです。気になるのなら、気にすればいいんです。気になるのに、無理に気にしないようにするから、心が病的になるんです。

強迫行為を行わない=「気にしない」ということをしない→「(気になるんだったら)気にする」

になります。言葉遊びみたいですけどね(笑)

まとめると、強迫行為を行わないということは、

@強迫観念によって促される行為をしない

ということと

A強迫観念が気になるのなら、気にする


この2つになります。


コンセントが気になって確認したくなる強迫性障害とは 


前置きが、長くなってしまいました。

本題に戻ります。まず、コンセントが気になる強迫性障害とはどういうものか。

以下、強迫性障害ガイドから引用



引用


強迫性障害の症状の例として、コンセントが気になって確認せずにはいられない人もいます。



コンセントを抜いた後、先の金具の部分が非常に気になり、どこに置いていいのかわからなくなってしまいます。先の金具を畳の上やフローリングの上に置くと、そこから出火してしまうような気がしてしまいます。


何かにコードをひっかけて、先をつけずに空中に垂らしておけば少しは安心できますが、全部のコンセントをそんなふうにするわけもいかず、何度も床に置いては持ち上げることをくり返さざるをえなくなります。


コンセントの先の金具の部分に電気が熱が残っているような錯覚を覚えてしまっている状態です。



出火や火事を恐れるのは誰にでもありますが、強迫性障害の人は、必要以上に恐れすぎる傾向にあるようですね。




コンセントが気になる確認恐怖の具体的な治し方


この症状の場合、日常生活の様々な場面で、「火事になるかもしれない…」という強迫観念から、コンセントの金具部分が、どこかに触れないようにしています。


強迫行為は「コンセントの金具部分が、どこかに触れないようする」という行為です。
(あと、「気にしない、気にしない」と自分に言い聞かせる癖があるなら、それも強迫行為)

だから、この強迫性障害をなおすためには、「コンセントの金具部分が、どこかに触れないようする」という強迫行為をやめる必要があります。(あと、「気にしない、気にしない」と自分に言い聞かせる癖があるなら、逆に「気にしてやりましょう!」。だって気になるんだから)

ただ、いきなり全部、強迫行為を中断するというのは、本人にとって、ものすごい苦痛だと思うので、段階的に行っていくのが良いかと思います。


病院で、この手の強迫性障害を治療する場合、用いられる治療法として、認知行動療法の暴露反応妨害法(素人のため、詳しくは知りませんが)があります。

僕が言っている、強迫行為を段階的に中断していくという方法は、たぶん、暴露反応妨害法にあたります。

ですので、僕が今、提案している方法は、お医者さんが行う治療法の劣化版みたいなものです。

こんな記事を書いててなんですが、この手の強迫性障害をなおす場合、素直に病院にいって、本格的な暴露反応妨害法を受けたほうがいいと個人的には思います。僕のは劣化版暴露反応妨害法ですから…。



では、劣化版の治療法いきます。



病院で暴露反応妨害法を行う場合、おそらく、不安階層表っていうのを作ります。一番最初の段階としては、苦痛レベルが低いものからはじめます。たとえば、「自分でコンセントの金具部分をさわってみる」とか。この苦痛に耐えれるようになってきたら、次は、一段階レベルを上げて、「金具を布団に少し押しあててみる」とか。この苦痛に耐えれるようになってきたら、今度は、また一段階レベルを上げて……という感じで、段階的に苦痛レベルを上げていき、最終的に、大きな苦痛のものでも耐えれるようにしていくという感じで、(病院では)治療を進めていくと思います。

で、この不安階層表って、お医者さんが作るんだと思いますが、これを医者なしで作るのって難しいと思います。強迫性障害にかかっている人が、一人で、自分を客観的に分析して、緻密な階層表を作るのは到底、不可能だと思います。ですので、僕の方法では、これを作りません。


まずは、できそうなところからはじめてみましょう。


自分が「怖い」と思う状況をざっと列挙してみて、その中で「これなら、中断しても、苦痛はそれほどでもないかも…」と思うようなものから始めましょう。

たとえば、最初でしたら「金具をさわる」とか。

その苦痛に耐えれるようになってきて、「お、なんだか、少しだけ慣れてきた気がするかも…。次の段階進んでみようかな…」って思えるようになったら、苦痛のレベルを少しだけ上げると。例えば「金具を床に少し押しあててみる」とか。そして、また、「お、なんだか、少しだけ慣れてきた気がするかも…。次の段階進んでみようかな…」って思えてきたら、「コンセントを床においたままその場を少し離れてみる」とか。そんな感じで、段階的に苦痛のレベルを上げていって、最終的には、たぶん最終目標の「コンセントを抜いたまま外出する」という苦痛にチャレンジしていく。



すごい、ありきたりなコトしか書けてなくて申し訳ないんですが、僕の実力では、ここまでしか書けないのが現状です…。


ただ、一つ言えることとして、


強迫性障害を克服した人が、口をそろえて言っていること、

それは


強迫性障害を治すためには、強迫行為を行わない



ということです。



スポンサード リンク