本文へスキップ

今さらですが、スマホ対応にしました

加害恐怖のなおしかた(克服・改善方法。治ったのを想像するのがつらい。森田療法)



トップページ > 恐怖症の克服 > 加害恐怖のなおしかた(克服・改善方法。治ったのを想像するのがつらい。森田療法)

スポンサード リンク



どうも

【加害恐怖のなおしかた(克服・改善方法。治ったのを想像するのがつらい。森田療法)@】


キャンです。

今回は、加害恐怖の治し方についてです。

※ちなみに、僕はこの強迫性障害になったことはありません。なおしかたについても、ほとんど僕の妄想で書いています。ですので、医学的な根拠などはありませんし、なおるかどうかも正直自信がありません。完全に自己流です。その点、ご了承の上、お読みください。


強迫性障害には強迫性障害向けの治し方がある

【加害恐怖のなおしかた(克服・改善方法。治ったのを想像するのがつらい。森田療法)A】



僕は、過去に、他者視線恐怖症や対人恐怖症(人が怖くなる)、雑念恐怖症にかかっていました。現在はいずれも克服しています。克服した際のノウハウを、このサイトに書いて、みなさんに伝えています。

僕は、強迫性障害には一度もなったことはありません。ですが、強迫性障害と視線恐怖症などの神経症は、症状が似ている気がしたので、視線恐怖症を克服した際のノウハウが、強迫性障害にも適用できるのでは?と考え、過去に「〜の強迫性障害のなおしかた」という記事を数本書いてきました。

月日は流れ、色々と調べるうちに、考えが変わってきました。

視線恐怖症などの神経症と、強迫性障害は別物である。同じような方法では治らない。

過去に書いてきた強迫性障害の記事は、やはり、どこか無理がありました。視線恐怖症などの神経症をなおした際のノウハウを、強迫性障害にあてはめて考えること自体、間違っていたのかもしれません。(過去に書いた記事は随時、修正していきます)


強迫性障害には、強迫性障害向けの治し方が、別にあります。


強迫性障害を克服するための大切なポイント

【加害恐怖のなおしかた(克服・改善方法。治ったのを想像するのがつらい。森田療法)B】


強迫性障害を克服した人たちが、共通して言っていることがあります。

それは、


強迫行為を行わない


ということです。

以前読んだ本で、その筆者が力強く力説していました。「強迫行為をやめる」ことが、強迫性障害をなおすための大切なポイントだと。

「そんな方法で、本当に治るんかい?」と半信半疑だったんですが、ネット上で、強迫性障害がなおったという人
、何人かに治し方について聞いてみたところ、ほぼ全員が、この「強迫行為を行わない」ということが、克服のためのポイントと口を揃えて言っていました。


用語の解説をします。


強迫観念というのは、自分の意思に反して、しつこく何度も、繰り返し思い浮かぶ考え、イメージ、衝動です。精神的苦痛や、不安、恐怖等の不快な感情を伴います。何度も繰り返し思い浮かんだり、頭にこびりついて離れなくなったりします。
(医学的な定義はよくわかりませんが、僕の中のイメージだと)「〜をしないと、良くないコトが起きるから、〜しなければならない!」とか「〜すると、良くないコトが起きるから、絶対に〜してはいけない!」という考えのことです。

強迫行為は、強迫観念から予想される恐ろしい出来事を防いだり、精神的な苦痛や不安を減らすために、自分にしいる行為です。強迫観念の衝動によって、かりたてられて行うことが多いです。現実的に必要な方法と比べ、繰り返しや、やりすぎが多く、常識や科学的な事実にそぐわない、不合理な方法をとります。
「〜をしないと、良くないコトが起きるから、〜しなければならない!」という強迫観念にとらわれていた場合は、「〜しなければならない!」という衝動から、ついついやってしまう行動が、強迫行為です。

強迫性障害になると、強迫行為を繰り返すことにより、強迫観念が強化され、抜け出せない魔のループに陥ってしまいます。


みなさん、パブロフの犬の実験を、ご存知でしょうか?



犬にエサを与える際に、必ずベルを鳴らすようにしたところ、エサが無くてもベルを鳴らすと犬がよだれをたらすようになるという実験です。

ベルの音を聞いただけで、よだれがでてくるようになる。この反応を条件反射と言います。脳の中に、無意識に反応するネットワークができてしまったので、そういう反応が起きます。



この犬に、ベルの音を聞かせずに、餌を与え続けると、どうなると思いますか?


ベルの音を聞いても、よだれがでなくなってしまいます。


強迫性障害も、このパブロフの犬みたいなものだと思います(医学的には全然、同じじゃないですよ。あくまで例え)。


強迫性障害というのは、強迫行為をすることによって、強迫観念が強化され、再び、強迫行為を繰り返してしまう。脳の中に、そういう反射的なネットワークができあがっているんです。


この反射的なネットワークを断ち切るには、
強迫行為を中断することが必要になってくるということなんですね。

スポンサード リンク



「強迫行為を行わない」の意味

【加害恐怖のなおしかた(克服・改善方法。治ったのを想像するのがつらい。森田療法)C】


「強迫行為を行わない」には、2つの意味があります。

1つ目は、強迫観念によって、「やれー、やれー」ってうながされる行動をしないということ。例えば、「この順番で靴下をはかないと、不吉なコトが起きるから、絶対、この順番ではかなきゃダメ!」という縁起恐怖の場合、いつもの順番で靴下を履かないということが、強迫行為をやらないということになります。

2つ目が、意外と盲点かもしれませんが、「強迫観念を気にする」というのも、強迫行為を行わないにあたります。意味が分からないと思いますので、説明します。

頭の中に強迫観念が浮かんできたとします。ここで「気にしない、気にしない」と自分を誤魔化すと、強迫観念は巨大化して、こちらに迫ってきます。
「気にしない」という行為が、もうそれ自体、強迫行為にあたります。この「気にしない」という強迫行為によって、強迫観念を強化してしまいます。

自分の心の中に自然と浮かんできた感情を否定するから、おかしなことになるんです。気になるのなら、気にすればいいんです。気になるのに、無理に気にしないようにするから、心が病的になるんです。

強迫行為を行わない=「気にしない」ということをしない→「(気になるんだったら)気にする」

になります。言葉遊びみたいですけどね(笑)

まとめると、強迫行為を行わないということは、

@強迫観念によって促される行為をしない

ということと

A強迫観念が気になるのなら、気にする


この2つになります。


加害恐怖とは(定義、症状) 

【加害恐怖のなおしかた(克服・改善方法。治ったのを想像するのがつらい。森田療法)D】



前置きが、長くなってしまいました。本題に戻ります。

僕自身、加害恐怖になったことがないので、最初、加害恐怖がどんなものかわかりませんでした。

色々、調べていたら、少しずつ理解してきました。


加害恐怖の定義、症状、具体例について、強迫性障害ガイドから引用


☆加害恐怖とは(定義)

引用


自分がとんでもないことをしでかすのではないか、気づかないうちにしたのではないかという強い恐れを加害恐怖といいます。



☆加害恐怖の症状

引用


加害恐怖に苦しむ人は、実際には何もしていないので、何度確認しても危害を加えた事実は見出せません。しかし、恐怖は消えず、「自分が気づかなかっただけではないか?」と、かえって不安が高まることもあります。こうして、際限のない確認行為が終わらなくなります。


☆症状の具体例

引用


・人ごみで自分の持っているカバンが他人を傷つけてしまったかもしれないと不安になり、何回も後ろを確認する

・車を運転していて、何かひいたのではないかと不安になり、何回もバックミラーで確認したり現場に戻る

・刃物で自分や他人を傷つけそうで怖い

・やろうと思っていないのに、衝動的に人をつきとばしたり、人につばを吐きかけそうで怖い

・代金を全額支払わないでごまかしてしまったかもしれないと不安になる

・商品を壊してしまいそうで、陶器やガラス製品の売り場に近づけない


なるほど。

では、次からは、加害恐怖の具体的ななおしかたに入っていきますね。



加害恐怖の具体的な治し方

【加害恐怖のなおしかた(克服・改善方法。治ったのを想像するのがつらい。森田療法)E】



加害恐怖に限らず、強迫性障害を克服するために大切なことは、「闘い方を間違えない」ということです。

強迫性障害を自力でなおそうと思っている人がいて、頭の中に強迫観念が浮かんできたとします。そして、「気にしないぞ、無視してやる!」って自分に言い聞かせて、気にしないように努力したとします。


コレ、まさに闘い方を間違えています(笑)


さきほど、お話しましたが、強迫観念を気にしないように自分に言い聞かせるという行為自体が、強迫行為みたいなものなんで、こういうことをしても、なおりません。


正しい闘い方は、「強迫観念を餓死させる」



強迫観念は、その人の心に、べったりと取り付いています。寄生虫みたいな感じですかね。




そして、強迫観念は、「餌(強迫行為)くれー」と、強迫行為をうながしてきます。

「餌をくれるまでは、ずーっと、苦しみ続けさせるからな!」と、脅してきます。「餌をくれれば、苦しみから解放してやるよ!(一時的だけだけどな) ほら早く!エサ、エサ、エサ!」と、甘い言葉をかけ迫ってきます。


あまりの苦しみから、解放されたいがために、ついつい強迫行為をしてしまいます。すると、約束どおり、強迫観念は、(一時的ですが)、その場から姿を消してくれます。一時的ではありますが苦しみから解放されました。でも、またすぐに、強迫観念は姿を表わしてきます。「よー、1分ぶり〜」と。


強迫観念にとって、強迫行為は大好物のエサです。このエサを与え続ける限り、強迫観念は生き続けます。


この厄介な寄生虫を駆除するためには、便利な殺虫剤なんて存在しません。あれば、便利ですけどね。残念ながらないんです。


じゃあ、どうやって駆除するかということなんですが、それが「エサを与えず餓死させる」という方法です。

まあ、要は、先ほど説明した「強迫行為を行わない」ということです。


「車を運転していて、何かひいたのではないかと不安になり、何回もバックミラーで確認したり現場に戻る」という症状の場合は、そういった確認をがまんして、やらないということです。精神的に相当苦痛を伴うと思いますが、確認をしてしまうと、強迫観念が強化されて、一向に改善されません。

「やろうと思っていないのに、衝動的に人をつきとばしたり、人につばを吐きかけそうで怖い」という症状の場合は、怖くても、耐えぬいてください。

強迫行為をやらずに耐えるというのは、地獄のような苦痛だと思います。だから、他の強迫性障害の記事でも言っていますが、僕は、強迫性障害は自力で治療するのは、難しいと考えています。というか、自分ひとりで治そうとするメリットがないんです。

病院に行って、きちんとした先生の協力や、家族の支え、あとは、苦しみをやわらげるための薬、これらがあったほうが、断然、強迫行為を中断する際の苦しみと戦いやすいと思うんです。お医者さんの協力もない、家族の支えもない、苦しみをやわらげる薬もない、こんな孤独で無謀な状態で、凶悪な強迫観念と闘うというのは、いくら闘い方がわかっているとしても、相当な覚悟が必要になるでしょう。


たとえるなら、巨大ザメと闘うようなものです。サメは、エラ部分に何かブッさせば、倒せるらしんですが、倒し方を知っていても、一人でそれを実行するのは、勇気がいるし、命がけです。でも、協力してくれる、専門家や仲間がいるのなら、素直に、お願いして、一緒に闘ったほうが、いいに決まっています。


とにかく、強迫性障害をなおすためのポイントは「強迫行為を行わない」ことです。ただ、「強迫行為を行わない」と言葉で書くのは簡単ですが、実際問題、それができないというのが、現実でしょう。


だから、お医者さんに行ってください。家族や周囲の人から支えてもらってください。そういう状況のもと、たくさんの人に励ましてもらい、支えてもらいながら、一緒に、強迫観念と闘ってください。孤独で闘うには、相手が悪すぎると思います。




スポンサード リンク