本文へスキップ

今さらですが、スマホ対応にしました

口が臭くなりやすいかどうかは、遺伝する?



トップページ > 膿栓・臭い玉(口臭)の悩み > 口が臭くなりやすいかどうかは、遺伝する?

スポンサード リンク



膿栓ライフいかがお過ごしでしょうか?


ども、きゃんです。



みなさん、膿栓とのお付き合いはどんな感じでしょうか?



え? 毎日、取りまくりって?



膿栓取るのは別にいいとは思うけど、くれぐれも粘膜傷つけないようにね!



ちなみに、筆者、なぜか、最近、膿栓が生成されません。いや、生成されないというよりも、一応は生成されてはいるみたいだけど、しっかりとした白い塊にはならずに、細かいツブツブレベルのものが、扁桃腺の穴にできる程度です(まあ、このツブツブでも臭いんですが)。



以前の絶好調のときは、一日、朝と夕方にそれぞれ1個ずつ膿栓の塊がとれるくらい、超ハイペースでとれてたのに、急に体質が変わったのか何なのか、最近はツブ状どまりです。



と、僕の話は、ここまでにして、今回のテーマいきますね。



今回のテーマは、『口が臭くなりにくい人』についてです。



口が臭くなりにくい人が存在するのは事実



膿栓について、ネット上をフラフラ調べていたら、偉いお医者さんがこう言ってました。



「膿栓は誰にでもできるものです」と。



この意見、割とよく耳にしますが、実際、どうなんでしょうかね?



僕、個人的にはこの説は怪しいと思っています。




というのも、『口がまったく臭くならない人』というのが、少なからず、存在するからです。



お笑い芸人で言えば、レギュラーの松本くん。あるある探検隊で、一時人気があった人たちです。





左の青ネクタイが、松本くんね。今は、消えてしまい、テレビでは見かけません。



この松本くん。本人いわく、小学校5年から20歳まで一回も歯磨きしていなかったそうです。それでも、虫歯にもならなかったし、口も臭くならなかったそうです。



すげーな、松本くん(*´Д`) 



松本くんには悪いですが、顔だけで判断すると、、、、どちらかというと、口が臭い系の顔…(笑)なのに、臭くないというから意外です。




松本くんの話はちょっと極端な例ですが、実際、僕の父親が、口が臭くならない人でした(今は天国に逝ってるけどね)。



僕は、父のことがとても好きでした。高校一年くらいまで、父親にべったりでした。



父親が横になりながら、テレビを見ているときは、僕も、いつも、父親のすぐ近く横になりながらテレビを見ていました。



いつも、至近距離にいたにもかかわらず、これまでに一度たりとも父親の息がクサイと感じたことはありません。これってすごくないですか?



ちなみに、僕の母親は口臭もちです。近くにべったりせずとも、近くで普通にしゃべるだけで、口が臭いのがわかります。



父が末期ガンになり、立てなくなって、ベッドに横たわっていたときも、近くで看病したりしましたが、そのときも口が臭いとは感じませんでした。



とにかく、『口が臭くなりにくい人間』というのが、存在するのは事実のようです。



スポンサード リンク




僕の父は膿栓ができにくい体質だったはず



そういえば、昔、父のベロを見たことがありますが、舌コケはまったくついていませんでした。キレイな赤。ちなみに、僕は舌コケがびっしりつきやすい体質です。



舌コケは、口臭の大きな原因の一つですが、僕が、口臭の最大の原因と考えているのが、『膿栓』。当サイトでは、お馴染みの存在です。



父親が口が臭くなりにくかったのは、舌コケがなかったというのも、大きな要因だと思いますが、たぶん、
父は、膿栓ができにくい体質だったんだと思います。



僕は、膿栓ができている人の息がどんなニオイなのか、だいたいわかります。



父親の息のニオイからは、膿栓のニオイは一切しませんでした。僕が覚えているのは、唯一、タバコのニオイだけ。




とにかく、『口が臭くなりにくい人間』というのが、存在するのは事実のようです。



扁桃腺除去手術うけて〜



さきほど、お話した、医者が言ってた「膿栓は誰にでもできるものです」ってヤツ。



僕が思うに、膿栓は誰にでもできる」ではなく、「膿汁が誰にでもできる」のほうが、しっくりくる気がする。



扁桃腺があるかぎり、扁桃腺の免疫機能の結果、死んだ白血球や細菌などが、膿となるのは、当然の結果だと思う。その膿が膿汁として、扁桃腺の穴からでてくるのも、扁桃腺を持ってるのなら、当然のこと。



扁桃腺周辺の穴を、グっと指で押してみてほしい。そして、ニオイを嗅いでみてほしい。



ほら?  酸っぱいし、ときには、超生臭くないですか?



それが、膿汁のニオイ。この膿汁が濃縮されて、白い塊になったのが、膿栓というわけだ




口が臭くなりにくい人でも、扁桃腺周辺の穴を指でギュウギュウ押せば、膿汁がでてきて、くさいと思う。



口が臭くなりにくい人は、膿汁はできても、そこから膿栓にまでなりにくい人なのかもしれません。



ちょうど、今の僕みたいに、膿栓の塊にはならずに、ツブツブの状態までしかならないのでは?ツブツブは、うがいしたり、飲み物を飲んだりしたときに、細かいから、排出されやすく、たまりにくいというわけ。



ただ、さきほど例にあげた、レギュラーの松本くんは、ちょっと極端だったので、もしかすると松本くんは、扁桃腺除去手術を受けて、扁桃腺がないのかもしれません。それなら、理屈上は、膿汁がでないわけですから、口が臭くなりにくいのも、納得です。



もしかしたら、僕の父も、扁桃腺を除去していたので、臭くなかったのかもしれませんが、もういないので、確認しようがありませぬ。



というか、扁桃腺を除去すれば、膿栓ができないなら、




マジで除去手術うけて〜(*´Д`)





でも実際、扁桃腺除去したら、口臭どうなるんだろう?



後日、調べて記事にしまふ(´・ω・`)



スポンサード リンク




臭い玉(膿栓)・口臭の記事 ※抜粋