本文へスキップ

今さらですが、スマホ対応にしました

引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)



Ads by Savons Gemme



トップページ > 仕事関係 > 引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)



どうも


【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)@】
 

ども、きゃんです。
 

引きこもり・ニート脱出後に、おすすめのバイト(仕事)は何ですか?と聞かれたら、とりあえず僕は、ホテルの客室清掃の仕事をおすすめしたいです。
 

スポンサード リンク



自分に向いている仕事ってなんだろう…


【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)A】


僕は、仕事がまったくできないダメダメ人間です。大学を卒業後、新卒で入った役所は、色々あって4年で退職(詳しくは記事「仕事ができない…僕の転落人生」を参照)。
 

自分は、なんかまわりの人たちと違う…。みんなが当たり前にやってることが、できない…。仕事ができない…。
 

公務員時代は、そんなことをよく感じていたし、隣の先輩が厳しく、毎日が辛い地獄の日々でした。
 

精神的にも追いやられていき、このまま続けていったら、たしかに給料はいいけど、必ずウツ病になるな…と感じたので、それをきっかけに、退職しました。
 

その後、障害者施設で働いてみようかなと思い、働いたものの、経営者がダメダメな人で、結局、一ヶ月でやめました(経営者とけんかした)。
 

上司と威勢よくけんかし、言いたいコトもバシっと言えたので、今までの自分の性格からして、驚くべき成長だなあ…なんて、思っていたんですが、結局、無職に。
 

無職になると、やっぱ、不安というか、つらいです。収入がなくなるからね…。
 

それと、公務員をやめた後、第一発目の仕事で、失敗してしまったので、社会でうまくやっていく自信が完全に失われていきました。
 

なんか、どこかの会社で働けたとしても不安。また、人間関係でトラブルになり、苦しむんだろうなあ…と、マイナスな思考ばかり思い浮かぶ。
 

結局、自分には、どんな仕事が向いているんだろう…
  

スポンサード リンク



元引きこもりでもできる仕事って?


【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)B】


悩みながら、色々、求人誌を見ていたら、あるコトを思い出した。


僕は以前、ニート時代(障害者施設で働く前)に、職業訓練なるものを受けていました。


で、そこに参加していた元引きこもりの少年が、
引きこもり脱出後、ホテルの清掃のバイトを少しやっていたと発言していたのを、思い出した。
 

「引きこもりだった少年が、できたくらいなんだから、(悪いけど)僕にも、できるかも…」
 
と。
 

ホテルの客室清掃の仕事(バイト)を探してみると、いくつかでてきました。
 

その後、履歴書を書いて、面接をし、ホテルの客室清掃の仕事(バイト)をすることになりました。
 

県によって違うのかもしれませんが、沖縄県の客室清掃のバイトは、まず落ちないと思います。だって、人が足りてないんだもん。


僕が働いていたホテルは、客室清掃で受からない人、見たことないです。むしろ人が全然入ってこないから、留学生をガンガン雇ってました。受からないんじゃないかと心配していた人は、そんな心配しなくていいんじゃないかな(沖縄県の場合ね。他の県は知らん)。


面接の志望動機や服装などについて。


僕が面接をうけたときは、一応履歴書は書きましたが、志望動機は一言も聞かれませんでした。所詮と言っちゃ、なんですが、所詮バイトだから、面接時の服装も私服でいいっすよ。スーツなんか着る必要ないです。



引きこもり・ニート脱出後の一発目の仕事選びは重要!


【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)C】


引きこもりやニートの中には、過去に、仕事で、上司とかに厳しくされ、仕事をするのが怖くなり、やめてしまった人、多いんじゃないかな?
 

厳しく叱られるコトを、怖がっている人多いと思います。
 

僕も、そうでした。公務員時代、先輩に厳しくされまくったので、もともと対人恐怖症もちというコトもあり、人から怒られたり、厳しくされることに対して、異常なまでにビクビク恐れるようになりました。
 

引きこもり・ニート脱出後の一発目の仕事選びは重要です。


せっかく、「引きこもり・ニートから脱出したい」と、第一歩を踏み出したのに、厳しい上司がいる職場だったりしたら、せっかくの「引きこもり・ニートから脱出したい」という気持ちが台無しになってしまうおそれがあります。


ニート・ひきこもりから脱出するきっかけが、パーにならないためにも、仕事選びは慎重にいきたいところです。
 


傷ついた心を癒してくれるのは、「人のあたたかさ」


【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)D】


会社の上司などに厳しくされて、傷つき、仕事をやめた。再び、働くのは怖い。そして、引きこもりやニートになった。
 

こういう人は、心が傷ついているわけです。

 
そのトラウマから、新しい職場で働くのが怖くなってる。

 

働いても、人間関係などで、また失敗してしまうんじゃないかって

 

そういう傷ついた人たちを癒してくれるのは、「人のあたたかさ」だと、僕は思います。

 

「人のあたたかさ」を感じられる職場に、うまくめぐり合うコトができれば、傷ついた心は少しずつ回復していき、仕事に対する自信もついてくるはずです。
 

僕が働いていた、ホテルの客室清掃の仕事は、「人のあたたかさ」を感じることができました。


ホテルの客室清掃をはじめる前は、「また人間関係などで失敗してしまうんじゃないか…」と、ものすごく不安でしたが、やってみると、
無口で無愛想、極度の人見知りで、対人恐怖症気味の僕でも、なんとかうまくできました。



ホテルの客室清掃についての説明1

【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)E】

 

ホテルの客室清掃ということで、入ったんですが、実際、僕が担当したのは、ベッドメイク。
 

ホテルの部屋の掃除って、色々やることあるんですよ。
 

洗面台の清掃、トイレの清掃、お風呂場の清掃、床の清掃、アメニティ類(ハブラシや石鹸。バスタオル)の補充、ほこり取り、ベッドメイク。
 

だいたいこんな感じかな。
 

この中で、力も必要だし、時間がかかるのが、ベッドメイク。
 

僕のホテルでは、男性陣に関しては、清掃をさせるのではなく、ベッドメイクをさせていました。ベッドメイク以外の部分(トイレ掃除やモノの補充など)は、おばちゃんがやって、僕たち男性陣は、ベッドを専門でやるという風に、業務方法は完全に分業化されていました。
 

僕は基本ベッドメイク専門でやってましたが、時には清掃にも入らされました(清掃のほうが疲れる〜)。
 


ホテルの客室清掃についての説明2


【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)F】

 
僕が働いていたホテルは、1フロア25部屋くらい。そこに清掃員が、2〜3名入ります。


1フロア25部屋ですが、全ての部屋に清掃に入るわけではないので、一日に入る部屋数は、(清掃員が二人の場合)一人あたり、だいたい10部屋前後くらいだったかと思います。それを、朝10時からスタートして、午後4時くらいまでに終わらす感じ。間に合わなそうなフロアがあれば、はやく終わったフロアから応援という形で手助けに行き、お互いに助けあって、なんとか、全体で午後4時までに終わらすという感じです。
 


無口で口下手、無愛想な人でも、OK

 
【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)G】


おばちゃんに媚びを売るわけではないけど、雑用とかは、積極的にやるようにしました。たとえば、清掃後、ベッドのシーツや、バスタオルなどが、たくさん貯まります。溜まった、リネン類(シーツやタオルなど)は、廊下に放置するわけにいかないので、専用の袋にいれます。清掃時間に追われているおばちゃんとかは、リネン類を袋に入れる時間すらもったいないと感じるのか、袋にいれずに、袋の上とかにポーンと、タオルとかを投げて放置したりしがちです。そういった、放置されたリネン類をせっせと、袋に入れる役を僕は自分からしてました。


あとは、各フロアに、アメニティ類(石鹸とかハブラシなど)とリネン類(シーツやタイルなど)を保存しておく部屋=リネン庫っていう倉庫があるんですよ。各フロアの清掃員は、そこから、必要なモノをとって、部屋の清掃に入っていきます。

 
で、このリネン庫、しょっちゅう、モノが足りなくなったり、割と、ごちゃごちゃになって、散らかったりします。おばちゃんは、清掃時間に追われているので、なかなか、リネン庫を整理したり、モノを補充する時間っていうのがないんですよ。だから、僕は率先して、担当になったフロアのリネン庫の補充や、整理整頓をやるようにしてました。

 
ほかにも、色々、空き時間を見つけては、清掃員のおばちゃんのお手伝いをやりました。

 

対人恐怖症気味&極度の人見知りだった僕は、最初は、おばちゃんに世間話を自分から話しかけることすら怖かったです。

 

事務的な会話しかできませんでした。

 

「このタオル類、片付けておきましょうか?」
「足りなくなってた石鹸、補充しといたんで」
「ゴミ、僕がだしとくんで(各フロアで出たゴミは、最後、そのフロアを清掃した人が、1階のゴミ捨て場まで持っていく。ゴミは重いし運ぶのめんどいから、おばちゃんはたいてい嫌がるんだけど、僕は、率先してそれをやった)」

 

事務的な会話しか、できていなかった僕ですが、黙々と(雑用を含め)仕事をしていると、次第に、おばちゃんから声をかけられるようになりました。

 

「〜君、いつもありがとうね」「助かるわ〜」とかね。

 

極度の人見知りで対人恐怖症気味な僕は、自分から雑談とかはできない性格なんですが、相手の方から、やさしく話しかけてもらうと、とても癒されます。

 

次第に、僕の方からも、おばちゃんに仕事以外の話ができるようになっていきました。


「いや〜、今日も、たくさん部屋ありますね〜」とか「〜さん、疲れた〜」とか。少し、甘えるようにもなっていきました(笑)

 

僕は、いろんなフロア担当だったので、基本はベッドメイクをしつつ、時には、清掃も入りつつという感じだったんですが、無口で、極度の人見知りな僕でも(雑用などを含め)仕事を黙々とやっていたら、どのフロアのおばちゃんからも、たいてい喜ばれました。

 

「〜君、いつもありがとうね」「助かるわ〜」って。

 

で、色々、各フロアのおばちゃんから、話しかけられるようになっていき、僕も、口下手なりに、それなりの会話をできるようにもなっていきました。

 

なんか、人と仲良くなるコツを、少しつかんだ気がしました

 

人と仲良くなるためには、会話だけがすべてではない


【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)H】


今までは、人と仲良くなるためには、やっぱ何かしゃべって、仲良くなっていくものだと思ってました。

 

でも、この清掃の仕事を通して、別の仲良くなる方法を体験した気がします。

 

会話を通して、仲良くなっていくんじゃなくて、体で示すっていうか、態度で示すっていうか。

 

う〜ん、なんて言うんだろう

 
 おばちゃんが嫌がるような雑用を、黙々とやっていく→おばちゃんは嬉しい→無口で黙々と雑用をする→すると、おばちゃんの方から、話しかけてくれる→僕、嬉しい→僕の閉ざされた心が少しずつ開かれていく→次第に、僕のほうからも、話しかけれるようになっていく

 

こんな感じで、色々なおばちゃんと仲良くなれました。まあ、仲良くなったといっても、がっつり話すわけじゃないです。基本、僕はしゃべらないんで、何か話しかけられても、言葉がでずに、笑ってごまかすコトが多いけどね。

 

 口下手で、極度の人見知りな僕でも、職場の人とうまくやっていけたという経験ができたのは、とても大きい。

 

次第に、自信もついてきました。



スポンサード リンク




性格が悪い人たちは、みな、やめていく

【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)I】


ホテルの客室清掃の仕事(バイト)って、けっこう割にあわないとこあるんですよ〜


求人雑誌とかでは、


「主婦・未経験者歓迎!勤務時間は10:00から15:30まで」


と書かれていたりします。 


でも、僕が働いていたホテルの客室清掃は、勤務時間が15:30に終わることは、ほとんどなかったです。たいてい、4時半くらいまでかかっていました。


しかも、
休憩時間一切なし。昼飯も食べれません。


ひどいときは、休憩なし、昼飯なしで、六時まで、ぶっ続けって時ありましたよ(涙)


昼飯食えないから、痩せていくんですよね…


どのオバちゃんも、清掃の仕事をやってから、痩せたって言ってました。あるオバちゃんは、10キロ痩せたって言ってました。


とにかく、肉体的には過酷な現場でした。 求人情報の内容と、実態が全然違うんです。
だから、ホテルの客室清掃の現場は、人の入れ替わりが激しいんです。けっこう辞めていきますよ。


まあ、やめるのも仕方ないと思いますよ。休憩ないし、昼飯食えないし、全然、3時半に終わらないし。
打算的な人は、みな辞めていきますね


「なんだ、ココ。最初と全然話が違うじゃん(怒)早く終わっても、応援とかで、違うフロアに行かされるし。3時半に終わらないし。やってらんねー」って。


結局、どういう人が残るかというと、


「打算的じゃない人たち」


つまり、損得で物事を考えない人たち。


「給料安いし、肉体的に過酷だし、辞めたいのは、やまやまだけど…。自分がやめると、みんな大変になる。それに、これまで、みんなで協力して、一生懸命頑張ってきたんだから、これからも、何とか力をあわせて頑張っていこうね!」


↑こんな人たちが、残っていきます。


つまり、
単純に、性格がいい人たちが残っていくんですね。


性格が悪い、利己的で、打算的な人たちは「けっ!こんな仕事、バカバカしくてやってらんねーよ!よく真面目に働いてんな〜」って思い、入って一ヶ月たたずにやめていったりします。一ヶ月もたない人も、たくさんいます。


他のホテルがどうかは分かりませんが、とりあえず、僕が働いているところのおばちゃんたちは、みんな優しくて、いい人たちでした。



適度に人と関われる

【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)J】


客室清掃の仕事(バイト)が、なぜ、引きこもり・ニート脱出後にオススメなのか。


おばちゃんがいい人たちで、優しいっていうのも理由の一つですが、こんな理由もあります。


接客業ではないので、基本、人とそれほど関わらないけど、まったく人と関わらないというわけではない。そこそこ、人と関われる点。


引きこもり・ニート脱出後にオススメの仕事として、よく言われるのが、製造業。ただ、黙々と作業をつづけるという点では、ホテルの客室清掃と変わらないと思いますが、製造業は、たぶん、人とほとんどコミュニケーションをとらないと思うんですよ。


ただ、黙々と作業していくイメージ。


ホテルの客室清掃は、他のおばちゃんとかと、業務中、そこそこ喋ったりするので、社会復帰という面では、製造業よりもいいんじゃないかな。



若いコは、可愛がられる

【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)K】


あとは、若い人がいると、かわいがられるというのも、オススメ理由かも。


基本、客室の清掃って、おばちゃんばっかだから、若い人は、孫みたいな感じで、ちやほやされます。(笑)


僕は、「〜君、これ食べて」って、よくお菓子もらってました(´▽`)



まとめ

【引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)は、ホテルの客室清掃だと僕は思う(体験談)L】


引きこもり・ニート脱出後におすすめのバイト(仕事)に、ホテルの客室清掃をすすめる理由をまとめますと、

@優しいおばちゃんが多いから、対人恐怖症気味で、傷つきやすい性格の人でも、割とやっていける。


A雑用とかを黙々とこなしていると、「いつも、ありがとね」と、感謝されるので、単純に嬉しい。極度の人見知りで、口下手でも、黙々と真面目に仕事に取り組んでいると、おばちゃんの方から話しかけてくれたりする。次第に、こちらの方も、心を開いていけるようになる。


Bがっつり人と接する仕事でもないし、また、まったく人関わらないという仕事でもない。適度な人間関係が、割と心地よい。


C若いコは、孫のように。可愛がられやすい。



まあ、こんな感じですかね〜


現在(2014年12月30日)も、僕はホテルの客室清掃をやっています。最初に入ったホテルは人事異動という形で異動になり、現在は、沖縄県内のリゾートホテルで、同じように、客室清掃&ベッドメイクをやっています。


この2箇所目でも、うまくやっていけるか最初は心配でしたが、一箇所目と同じように、真面目に黙々と仕事をしていたら、問題なく、おばちゃんと仲良くなれました。


「上司から怒られるんじゃないか?」「怖い先輩がいたらどうしよう?」
引きこもっていた人たちは、こんな悩みあるんじゃないでしょうか?


そういう方へ。おばちゃんが嫌いじゃないのなら、ホテルの客室清掃の仕事、思い切ってやってみてはどうでしょうか?


肉体的にはけっこう過酷ですが、精神的には楽ですよ〜

 
でわでわ