本文へスキップ

今さらですが、スマホ対応にしました

仕事ができない…僕の転落人生



トップページ > 仕事関係 > 仕事ができない…僕の転落人生

スポンサード リンク



どうも


キャンです。

今回は、僕の転落人生について書きます (´・ω・)

僕は以前、他者視線恐怖症(人の視線がこわい)対人恐怖症(人がこわい)などにかかっていました。

恐怖症のせいで、僕の青春時代はつらい思い出しかありません。高校時代は、友達と呼べる人は一人もおらず、休み時間、教室にはいたくなかったので、校舎内の廊下を無駄にうろうろして時間を潰していました。

高校を卒業後、大学に入ったものの、やはり人とうまく接することができず、わずか半年でやめてしまいました。
(他者視線恐怖症はこのとき、大学のカウンセラーさんに通ってなおしました。詳しいなおしかたは記事「他者視線恐怖症のなおしかた」で)

その後、社会になじむことができない僕は、二年間、実家に引きこもりました。引きこもりながらも、なんとか社会になじみたいと、あきらめきれなかった僕は、もう一度、大学に入ることに決めました。引きこもりながらも、勉強をしていました。

結果は、第一志望の大学には、学力不足で見事に撃沈。結局、前に入った大学の別の学科に入るという、なんとも微妙な結果になりました。

二回目の大学デビューです。今度こそ失敗はできません。引きこもっている間にも、対人恐怖に対する対策はいくつか考えていました。その方法を、大学の同じ学科の人に勇気をだして試したことで、対人恐怖症はよくなっていきました。(詳しくは記事「対人恐怖症のなおしかた」で。
)

長年苦しんだ対人恐怖症を克服し、一応、すべての恐怖症がなおりました。なおったのが大学一年の夏くらい。

その後の大学生活はといいますと、今でいうリア充かというくらい順調に過ごすことができました。友達にも恵まれ、大学の研究室でも、教授や仲間と、うまくやっていきました。今までは、自分のことが大嫌いで、自分に自信なんて微塵もなかった僕でしたが、このときは、自分のことが好きでしたし、自信にも満ちあふれ、もはや、悩みなんてないという、昔の僕から考えて信じられない状態でした


就職活動もこれまたトントン拍子で、あっさりと、第一希望の会社に合格しました。

「人生楽勝だな!」なんて、少し天狗になっていました。

はい。順調なのはここまでです。世の中、そんなに甘くないです (>へ<)

ここから一気に転落します(笑)


スポンサード リンク


社会にでて待ち受けていたもの


就職して社会にでると、いろいろな問題に直面しました。

まず、仕事が全然できません(笑) 実際、笑いごとじゃないんですけどね。

「そりゃ、社会人になって一年目はみんな苦労するし、仕事できないって」という声が聞こえてきそうですが、そうじゃないんです。四年間、社会人をやっていましたが、全然、改善されないんです。とにかく細かいミスを連発、ありえない失敗も頻繁にやりました。


細かい
ミスざっとあげるとこんな感じです。

・人の話がうまく聞けない。
・メモがちゃんととれない。
・書き写すときに間違いが多い。
・いま何をしようとしていたのかすぐ忘れてしまう。
・整理整頓ができず、大事な資料を忘れたり、なくしたりする。
・人からもらった電子データを、いつの間にか削除していたりする。
・電話対応がうまくできない。 など


ほかにもいろいろありますが、あげるとキリがないので、この辺にしときます。
ちなみにこれらは、新入社員のときのミスではなく、入社四年目になっても、相変わらずしていました。


そのせいで、まわりの人からは

「なんで、そんなこともできないの?ありえないんだけど…」

「前も同じミスしたよね?繰り返さないように努力してる?」

と言われる毎日。人間関係は最悪です。新入社員の後輩よりも僕のほうが怒られていて、僕のほうが新入社員なんじゃないかと思われるくらいでした(笑)。

とにかく、僕は何か普通の人とは違うそう感じていました。

続きまして、問題点の2点目です。

「人がこわい」

対人恐怖症はなおしたので、人が怖くて接することができないというのはないんですが、心の傷は一生残るって聞きますけど、それです。なおったあとも、やはり、微妙に人が怖いんです。やさしい人なら怖くはないのですが、少しでも厳しかったりしたら、もうダメです。

また、優しくていい人でも、僕のありえないミスの連発に、さすがに呆れて、関係はぎくしゃくすることがよくありました。そうなると、その人が怖くなり、聞きたいことがあっても質問することができなくなります。

とにかく、人が怖くて質問できないっていうのが、社会人生活を送る上で、大きなハンデとなりました。


仕事ができない原因がわかった!


自分はダメ人間」、常にそう思うようになっていました。大学のときの、自分に対する自信は完全にわれていました


「うつ病ってこんな感じでなっていくんだな…」って、何となく分かりました「僕も…このままいったら、確実にうつ病になるな…」と。


今まで無縁だと思っていたうつ病について、人ごとではないので、いろいろと調べるようになりました。


すると、あるとき
、あるキーワードに遭遇。


!?



「大人の発達障害?」


内容を見てみると、この大人の発達障害……やたらと僕に当てはまるんですけど…。



「これか自分が仕事できなかったのは脳みその機能障害が原因か



正体をつかみました




この続きは、後日書く予定です (´・ω・)



スポンサード リンク