本文へスキップ

今さらですが、スマホ対応にしました

ガスの元栓がしまっているか何度も確認する(気になる)強迫性障害(確認恐怖)のなおしかた(改善・克服方法)



トップページ > 恐怖症の克服 > ガスの元栓がしまっているか何度も確認する(気になる)強迫性障害(確認恐怖)のなおしかた(改善・克服方法)

スポンサード リンク



どうも


「自分がおそれていること=家が火事になること」が実際には起きないという現実を、何度も何度も繰り返し体験する。
※僕が提案するなおしかたは↑です。詳しくは下に書いています。


どうもキャンです ( ^∀^)


今回は、ガスの元栓がしまっているか何度も確認する強迫性障害について、そのなおしかたを提案してみようと思います


yahoo知恵袋に事例があったので、それを引用してご説明したいと思います。


僕はこの恐怖症になったことはありません。なおしかたについても、ほとんど僕の妄想で書いています。ですので、医学的な根拠などはありませんし、なおるかどうかも正直自信がありません。その点、ご了承の上、お読みください。


事例 


事例
 ※yahoo知恵袋より引用

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q124397672


『何度も戸締りやガスの元栓、コタツやヒーターの線、たばこ、目覚まし時計の電池がきちんと入っているか・・・など、しつこいくらいに確認しないと外出ができません。本当に、時間にしてみれば外出前ですと20〜30分ずっと確認を繰り返しています。頭がおかしくなりそう・・と思いながら、繰り返します。テレビで、病名を言っていた気がします。受診したほうがいいのでしょうか?』

この事例の場合は、ガスの元栓以外にも他の症状も混ざっていますが、今回は、ガスの元栓についてのみ触れます。

スポンサード リンク



この強迫性障害のなおしかた


思い込みから生じる恐怖症というのは、思い込みから、恐怖感が生まれてきます。


ですから、思い込みをなおせば、恐怖感は消えて、恐怖症はなおるのではないか?と僕は考えています。


僕の経験上、思い込みをなおすのに最も効果が高かった方法は


思い込み(=自分がおそれていることが実際には起きないという現実を、何度も何度も繰り返し体験する


という方法でした。(どういうメカニズムでなおっていくのかにつきまして恐怖症をなおすための法則の記事で)


先ほどの事例も、思い込みをなおせば、恐怖感は消えて、恐怖症はなおるのではないか?と僕は考えています。


先ほどの、ガスの元栓がしまっているか何度も確認する事例では、「思い込み(=自分がおそれていること何だと思いますか?


それは

「家が火事になること」


だと思います。


したがって、この強迫性障害をなおすための方法は、


「自分がおそれていること=家が火事になること」が実際には起きないという現実を、何度も何度も繰り返し体験する。

になります。


以下、実際にどうやってなおしていくかについて、具体的な方法を書いていこうと思います。


具体的な方法です


この事例の場合は、ガスの元栓以外にも他の症状も混ざっていますが、今回は、ガスの元栓についてのみ触れます。


※以下、アパートで一人暮らしをしていて、会社などにも勤めていなく、普段は家にいるという設定で話をすすめます。

@外出する時なのですが、ガスの元栓が気になっても確認しないようにしてください


理由は、確認しだすとキリがないからです。1回だけっていうのも良くないです。その時は一時的に安心するかもしれませんが、その後、また不安になってきます。確認してもキリがないので、確認は一切しない!


A続きまして、外出時間についてですが、いきなり丸一日、家をあけるとなると、ものすごい恐怖と不安に襲われる可能性が考えられます。ですので、最初の外出時間はたとえば10分間くらいからはじめて、慣れてきたら、少しづつ、時間をのばしていくというのが、無理がなく、良いと思います。この説明では、外出時間は10分という設定で話をすすめます。

Bさて、10分たちました。家に帰りましょう。ここからが、ポイントになります。
自分の家が火事になっているか、いないか確認してください。
確認といっても、別に特別なことをしていただく必要はありません。ただ、外から家を見て燃えていないか確認するだけです。

Cあとは、この@〜Bを、毎日、繰り返し行います。「外出時間10分、意外と我慢できるぞ!」って思ってきたら、自分のペースで、20分、50分、2時間、7時間…と少しすつ外出時間を延ばしていってください。

ただ、多くの一人暮らしの方は、会社にいっているなど、普段、家にいないと思いますので、丸一日家をあけていることが多いと思います。ですから、外出時間10分からはじめて、少しづつ、時間をのばしていくという方法は、会社勤めの方などには非現実的な方法なのだと、自分でも思ったりしています((汗)。

そういう方は、精神的に相当厳しいかもしれませんが、いきなり外出時間丸一日からはじめるのも、いたしかたないとも思います。
会社で仕事中なら、不安から仕事が全く手につかないかもしれませんが、なおすためなので、そこは何とか耐え抜いてほしいのです。家が火事になるかもしれないという不安や心配は、かなりのものだと思います。僕が励ますためにいえることは、「火事にはなっていないので、安心してください」ということだけです。



今回はここまでになります。



でわでわ。



スポンサード リンク