本文へスキップ

今さらですが、スマホ対応にしました

HIV(エイズ)はウソだった!?驚愕の真実



トップページ > 世の中の真実 > HIV(エイズ)はウソだった!?驚愕の真実

スポンサード リンク



どうも



きゃんです。

HIVやエイズは、そもそも、ウソ(政治的詐欺)だったという衝撃的な話
です!

いきなりこんなコト言われても意味がわからないと思いますので、以下の動画をご覧ください。

「エイズ」の真実 

動画の序盤を簡単に説明しますと、

・HIVやエイズに関する研究は長年行われてきたが、未だ、有効な治療法が見つかっていない。
・HIVウイルスそのものを精製することができた研究者は、これまで一人もいない

→そもそも、最初の前提(HIVがエイズを引き起こす)が間違っていたのではないか?

というお話

スポンサード リンク



画期的な考えは、最初は否定されるもの


この内容が事実かどうかは、現時点では判断しかねますが、
僕個人としては、十分可能性はあると思います。

この世の中の仕組みについて何の知識もない人は、信じられないかもしれませんが、この世の中の仕組みについて知っている人は、十分納得するのではないでしょうか?

この世の中は、利権がからむと、とんでもないウソでも、平気で世界中に出回ります。

例えば、地球温暖化。最早、大嘘であることは世界の常識になっていますが、日本では、いまだ、信じている人のほうが多いのが事実です。何で、こんな大嘘が流れたかというと、利権ですね。原発で金をボロ儲けしようと考えていた集団が、世界中の学者などを利用して、ウソを言わせたわけです。

こんな論理です。

○化石燃料(石油など)を燃やすと、温室効果ガス(二酸化炭素)が増えて、地球温暖化が進んでしまう。また、このペースだと将来、石油が枯渇する(石油が枯渇するなんてのも、同じ目的のための大嘘です。枯渇しません)

→化石燃料を採掘して、燃やすのは良くないことだ

→二酸化炭素を出さないクリーンなエネルギー、原子力発電に世界中で移行しよう!

世の中、金儲のために、とんでもないウソが平気でまかり通っているんです。

詳しくはTHINKERというサイトで。これを見て勉強し、覚醒してください!
これまで正しいと思っていたこと(科学、歴史など)が、金儲けなどのために、全て操作されていたということが分かります。

で、HIV・エイズの話に戻りますが、これも、金が絡んだ大嘘だと考えると、十分、つじつまが合います。

HIV陽性になった場合、いまだ、効果的な治療法は見つかっていませんが、薬を飲み続ければエイズの発症を抑えることはできると言われています。これ、製薬会社、ボロ儲けですよね。ずーっと、何十年も飲み続けるわけですから。

しかも、政府が、HIV検査にいきましょう!って積極的にすすめていたのが、さらに怪しいです。政府が積極的に推奨するものは、ロクなものがありません。健康診断しかり、メタボ診断しかり、「子宮頸がんワクチン」、「インフルエンザワクチン」などなど。

また、よくよく考えてみると、HIVのキャリア(感染者)と呼ばれている人達は、十年前くらいから相当数いると言われてきましたが、あんまり、エイズが発症した事例って聞かなくないですか?十年前くらいから、すでにHIV感染者は大量にいたはずです。今頃、エイズ発症者が大量にでてきて社会問題になっているはずです。身近な人に発症者がいてもおかしくないはずです。でも、そんなこと全然聞かない。

僕も以前、HIVに感染したんではないかと、毎日毎日不安でしょうがなかったことがあります(HIV検査なるものを受けて陰性でしたが)。仮に、HIV陽性と検査で言われ絶望している人は、上の動画を見てください。動画の中で説明していますが、エイズの症状(免疫不全)は、HIVが引き起こしているのではなく、薬を飲み続けた副作用で起きていると言っています。また、陽性自体、科学的根拠がないと言っています。

「検査で陽性とでても、絶望する必要はないんだよ。薬は絶対に飲むな!」とは、無責任なので言えませんが、現実の世界の成り立ちを考えてみると、「エイズ」の真実、正しいような気がします。画期的な考えは、最初は否定されるものです。地動説も最初は否定されましたからね。


スポンサード リンク